Agave applanata/アガベ アプラナータ

Lem. Ex Jacobiにより命名。

メキシコに自生。

国内でもよく流通している。和名は「孫悟空」

もしくはメリコ、斑入りはメリコ錦やクリームスパイクの名前で流通。

メリコという呼び名は「メキシコ」がなまってメリコとなったということ。

成長が非常に遅い。また子株の頃と生長した姿がまるで別物。

子株の頃は葉が地を這うように低く広がり、大きくなってくると中心の葉が立ち上がり、見事な姿を形成する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です