Agave attenuata/アガベ アテナータ

Salm-Dyck により命名。

Mexico; naturalised in southeastern Australia メキシコやオーストラリア南西のあたりに自生。

Swan’s Neck Agave, Dragon Tree Agave, Foxtail Agave 白鳥の首、竜の木、狐の尻尾という呼び名もあるそうです。

観葉植物として人気があり、国内でもよく目にすることができます。

棘などもなく、淡い灰色から明るい黄緑色の葉で葉質も柔らかく、幹立ちをしスラッとした姿が非常にアガベらしくない出で立ちです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です