アガベ ジェスブレイティ 帝釈天/Agave ghiesbreghtii

外観の特徴

葉は硬く、中心部分から葉先にかけて細くなっていく両刃の剣のような形状。

濃い緑色のようなもの青みがかった緑色のもの、薄い緑色のようなものもある。

経験上、葉の内側中央部には薄く筋が入っているように見えるものが多い気がする。

葉の両端は白く縁取られるようになっており、均等に鋭い刺が生えている。

先端の刺は中心部の時は赤褐色をしており、展開していくと共に白へと変化する。

アガベの中では中型だが、マンションのベランダなどで育てるには苦労するくらいの大きさに成長する。

海外では動物よけや生垣のように使われることもあるようです。

Agave purpusorum/アガベ パープソラムと同種

パープソラムの他に

  • Agabe leguayana
  • Agave roezliana
  • Agave huehueteca
  • Agave inghami

のようなシノニムがあるそうです。

ジェスブレイティとパープソラムは近年同種とされたようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です