アガベ パリー ssp. ネオメキシカーナ/Agave parryi ssp. neomexicana

外観の特徴

ブルーグレイの色をした三角形のような形をした葉を持ちます。

大きく成長すると綺麗なロゼットを形成します。

パリー var. トランカータやvar. ホーチエンシスに比べて葉は細く、内側にまるまったような形状をしています。

また、葉先にかけて細くなっており、まさに三角形のような形です。

耐寒性はかなり高い

数あるアガベの中でも耐寒性は高い部類に入るようです。

アガベの耐寒性

アガベの耐寒性について一覧

根腐れや雪が直接かかるようなことがなければ越冬なども問題ないかと思います。

別名:Mescal/ニューメキシコアガベ

ネイティブアメリカンのアパッチ、メスカレロ属がこのネオメキシカーナを焙煎して食用にしていたそうです。

そこからMescalの別名を持つようになったそうです。

パリーの中でも人気がある種類

トランカータやホーチエンシスなど人気のあるパリー種ですが、特にネオメキシカーナは人気があるように感じます。

やはりその外観の荒々しさからでしょうか。

こちらに関しても他のパリーと同様、育てやすく管理もしやすい種です。

なかなか国内では流通が少ないようにも感じますが、是非こちらもコレクションに加えてみてはどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です