アガベ パリー var. ホーチエンシス/Agave parryi var. huachucensis

アガベ パリー ホーチエンシス

外観の特徴

パリー var. ホーチエンシスはvar. トランカータと比べ葉の先端は細くなっており、周りの刺は幾分か強めです。

刺の色は赤黒い色をしています。

There is considerable confusion with Agave parryii and Agave parryii var. huachucensis

san macros GROWERS

上記引用のsan marcos GROWERSでも記載の通り、パリー ssp. パリーと多分に混同されているようですが、多肉植物全書の写真などを見ると、パリー ssp. パリーの方がより細い葉をしているように思えます。

多肉植物全書

多肉植物全書 All about SUCCULENTS

耐寒性が高く地植え、外管理に向いている

他の多くのパリー系のものと同様に、耐寒性が高く国内での地植えや屋外管理に向いている種類と言えます。

実際、通年外管理しているホーチエンシスは夏冬関係なしに綺麗に成長しています。

長雨や水のやりすぎによる根腐れや、雪が直接積もってしまったようなコールドダメージを避ければ育成は容易です。

アガベの耐寒性

アガベの耐寒性について一覧

青い白い葉と美しいロゼット

これも多くのパリー種に言えますが、綺麗に成長した姿は美しいロゼットを形成し、非常に鑑賞性が高いです。

子株もよく吹くため、群生している姿もとても見応えがあります。

育成のしやすさも良い

管理において難しいということもなく、よく育ち、よく増えます。

初めて育てるアガベとして選んでも良いかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です